潤いの青汁「ビーグリーン」(究極の美容青汁)『Purela(ピュアラ)』


トップページ支払方法Q&Aお問い合わせ購入するカートを確認

今だけの限定特典!新規のお客様には、専用シェイカープレゼント!!

今すぐ購入する

定期購入に申し込む

お電話でのご注文も可能です。077-582-3123

「潤いの青汁」はこんな方にオススメ

  • 内面・外見共に美しくなりたい方。
  • 手軽に健康のためになることをしたい方。
  • ダイエットをしても長続きしなかった方。
  • 老化予防・免疫力UPをしたい方。

潤いの青汁「ビーグリーン」は、大麦若葉エキス「麦緑素」をベースに、効率の良い潤い成分であるコラーゲンペプチドをバランス良く配合した美と健康のための青汁です。

「麦緑素」は他社の青汁製品とは異なり、熱を加えず活性のまま粉末化した「生の青汁」ですので、酵素活性が高く、ビタミン、ミネラルなどの栄養素も吸収されやすいカタチで含まれています。

「麦緑素」とコラーゲンペプチドのナチュラルな美容成分が体に優しく働きかけ、あなたの美と健康、そして潤いのある毎日を応援します。

「潤いの青汁」のここがすごい!

コラーゲンの産生力が45倍に!!

コラーゲンは、たくさん食べたからといって、すぐに増えるわけではありません。

コラーゲンは体内でペプチドという形に分解され、吸収された後に、体内で作り出されます。ここで、はじめてお肌のコラーゲンになるわけです。まして、お肌の外側から吸収させて、コラーゲンを増やすことなどできません。

しかし、コラーゲンを作り出すためには、良質のタンパク質やビタミン群が必要です。 バランスの良い食生活で、コラーゲンの産生力を高めることも必要です。

つまり、コラーゲンの補給と、産生力の向上の相乗効果でお肌の潤いがアップするのです。

潤いの青汁「ビーグリーン」はこの相乗効果がすごいのです。

潤いの青汁「ビーグリーン」のように、「麦緑素」にコラーゲンぺプチドをプラスした場合45倍のコラーゲン産生力があることが報告されています。

コラーゲンの産生力が45倍に!イメージ写真


体脂肪の蓄積を50%抑制!!

2006年の日本薬学会において、潤いの青汁「ビーグリーン」のベースである「麦緑素」には、脂肪細胞の増殖を抑制することと、脂肪細胞内の脂肪の蓄積を30%〜50%抑制することが報告されています。

これは、同時に脂肪中の有害物質の蓄積も抑制することも考えられます。 有害物質が蓄積されにくくなると、さらに脂肪の燃焼効率がアップします。

また、ダイエットとは、単に体重を減らすことではありません。 余分な脂肪を減らすことにより、美しいプロポーションと健康な体を手に入れることです。

潤いの青汁「ビーグリーン」にはα‐ビタミンEコハク酸エステルというビタミンE誘導体が含有されています。

α‐ビタミンEコハク酸エステルは成長ホルモンの分泌を穏やかに高め、脂肪が蓄積されている脂肪細胞中のホルモン感受性リパーゼ(酵素)の活性を高める上、分泌を増加してくれる作用もあります。

そして、この酵素が働くと脂肪細胞中の中性脂肪は脂肪酸として血中に放出され燃焼されやすくなります。

体脂肪の蓄積を50%抑制イメージ写真
2006年 日本薬学会参照:「麦緑素R」には脂肪
細胞の増殖を抑制することが報告されています。


紫外線による活性酸素を100%抑制

紫外線は、肌の中で活性酸素を作り出し、皮脂を酸化させます。 この酸化された皮脂が「シミ」「しわ」「たるみ」などの老化の原因です。

もちろん人間にはこれに対抗する抗酸化力が備わっているのですが、年齢と共に低下します。 子供の頃は日焼けしてもできなかった「シミ」が大人になってできるのはそのためです。

潤いの青汁「ビーグリーン」のベースである「麦緑素」はこの抗酸化力がすごいのです。

1992年の日本薬学会において、紫外線照射による皮脂(スクアレン)の酸化抑制作用の実験により、ビタミンEの酸化抑制率26%に対し、「麦緑素」に含まれるフラボノイドは、100%の酸化を抑制することが報告されています。

紫外線による活性酸素を100%抑制イメージ写真
2006年 日本薬学会参照:シミ・しわ・たるみ等の
老化の原因である皮脂の酸化を100%抑制!


免疫力アップに自信あり!!

免疫システムの働きを左右する細胞が「マクロファージ」ですが、大麦若葉エキスには、このマクロファージを活性化させる働きがあることが実証されています。京都教育大学との共同研究により、大麦若葉エキスと免疫機能の関連性を調べたマウス実験では、大麦若葉エキスを摂取したマウスの体内でマクロファージが活性化するのが確認されています。

マクロファージとは、 語源はマクロ(大きい)+ファージ(食べる)で、文字通り、体内に侵入した細菌やウイルスを飲み込み、酵素の力で消化、排除する働きがあります。また、体内に侵入して来た細菌、ウイルス、異物のことを「抗原」と言いますが、「マクロファージ」は、その「抗原」の情報を「ヘルパーT細胞」に伝える役目も持っています。「ヘルパーT細胞」はその情報をもとに「B細胞」へ「抗体」を作るよう指令するのです。

インフルエンザ対策、風邪予防には、マスク着用、手洗、うがいはもちろん大切ですが、免疫力を高めることも大切です。

『大麦若葉エキスの青汁"潤いの青汁"を飲んで、免疫力を高めましょう!!』

免疫力アップに自信あり!!イメージ写真


 

今すぐ購入する

定期購入に申し込む

「潤いの青汁」はなぜ美容に良いのか?

大麦若葉エキス「麦緑素R」

「麦緑素(ばくりょくそ)」とは、こだわりの国産大麦若葉「赤神力(あかしんりき)」を搾汁し、その新鮮な青汁を「活性保存製法」によって粉末化したエキスです。

バランスの良いビタミン、ミネラルをはじめ、数々の酵素や抗酸化フラボノイドが生のまま含まれた「麦緑素」は、高品質の青汁として信頼と実績を築き続け、今では国内はもちろん、海外においても98ヶ国で愛飲されるグローバルな青汁です。

最大のポイントはなんと言っても「生の青汁」であることです。

大麦若葉そのものの自然な飲みやすさとともに、体内に発生した余分な活性酸素を無毒化させるSOD酵素の働きや、コラーゲン産生促進作用も熱を加えていない生の状態でさらに高まることが確認されています。

コラーゲンの産生力が45倍に!イメージ写真


お肌の味方 コラーゲンペプチド

お肌の潤いを保つ為に欠かせないコラーゲンですが、加齢とともに減少し、肌の弾力やハリが失われます。減少したコラーゲンは、毎日の食事の中から補給する必要があります。

コラーゲンが多く含まれる食品としては、フカヒレなどがありますが、これらに含まれるコラーゲンは、アミノ酸が1,000個以上つながった大きな構造をしています。

これをある程度分解したものがゼラチンで、肉や魚の煮こごりや市販のゼラチンなどがそうです。さらに分解して、より小さな構造にしたものをコラーゲンペプチドと呼びます。

コラーゲンやコラーゲンを含む食品を食べると、胃の消化酵素で、長くつながった構造が分解され、ペプチドという小さな構造となって、体内に吸収されます。よって、フカヒレやゼラチンのような大きな構造をしたものよりも、コラーゲンペプチドのように小さな構造をしたものの方が、吸収しやすいことが分かります。

また、コラーゲンペプチドは、一般的なコラーゲンよりも早く吸収され、肌のコラーゲンを作り出す力、つまりコラーゲン産生力が高いことが報告されています。

この様に、コラーゲンペプチドはコラーゲンの補給だけでなく、コラーゲン産生力を高める働きがありますが、「麦緑素」と一緒に摂ることで、コラーゲン産生力が通常の45倍になることが学会で報告されています。

潤いの青汁「ビーグリーン」に含まれるコラーゲンペプチドは、海洋性コラーゲン(スズキのうろこ由来)ですので、BSEなどの心配がありません。

体脂肪の蓄積を50%抑制イメージ写真


お客様からお喜びの声がたくさん届いています!

「潤いの青汁」を飲み始めて、お肌が“しっとり、つるつる”に!

お通じの調子もよくなり、体重にも変化が表れています!

他の青汁と違い飲みやすく、お肌もつるつる♪
※体感や結果は個人の感想によるものです。

今すぐ購入する

定期購入に申し込む

「潤いの青汁」と他青汁の違い

潤いの青汁のベースとなっている大麦若葉エキス「麦緑素」は、ビタミン・ミネラルの含有量とバランスに優れ、多に類を見ないほど抗酸化物質であるSODという酵素が多く含まれています。 また、独自の製法(瞬間噴霧乾燥法)により、製品化されており「生」の青汁であるのも他の青汁と違うところです。

その大麦若葉エキス「麦緑素」にお肌の「潤い」や「ハリ」には欠かせないコラーゲンがペプチドタイプで配合されています。コラーゲンペプチドとビタミン・ミネラルをバランスよく摂取することにより、コラーゲンの産生力、つまり、体内でコラーゲンを作り出す力を45倍にまで高めてくれるのです。

このことからも、健康維持にも大きな助けとなるのはもちろんですが「美容」においてカラダの中から効果を発揮してくれる究極の美容青汁なのです。

今すぐ購入する

定期購入に申し込む

お電話でのご注文も可能です。